trafficaccident

交通事故の治療は
24時間365日受け付けております 後遺症の悩みから示談交渉まで、
お気軽にご相談ください

画像 当院は、優良交通事故治療院として全国交通事故治療院に認定されています。 全国交通事故治療院では、交通事故治療に特化した治療を行っている治療院を全国から厳選。交通事故の被害に遭われた患者様に対して的確な治療を行うことにより、患者様のケガの早期回復を目指しております。 また、専門治療を提供するだけでなく、安心して通院できる環境のご提供をお約束いたします。
「自賠責保険」とは?
自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)とは、公道を走るすべての自動車やバイク(原付含む)に加入が義務づけられており、一般に「強制保険」と呼ばれています。 交通事故の被害者が、泣き寝入りすることなく最低限の補償を受けられるよう、被害者救済を目的に国が始めた保険制度です。 被害者の保護を目的としているので、本来は保険の契約者である加害者が保険金の請求を行うのですが、被害者も自賠責保険に対して請求できます。 被害者が請求を行う場合は保険金の請求ではなく損害賠償の請求と呼ばれますが、被害者にとっては同じ金額が補償されます。
治療費について
示談をする前であれば、患者さまの負担はありません。実費0円です。
保障について
1. 治療費 2. 交通費(公共交通機関、タクシー、有料駐車場、自家用車のガソリン代、etc) 3. 休業損害費(自賠責保険基準で1日5,700円~19,000円要証明)
治療期間について
平均的な治療期間は3ヶ月~4ヶ月。これはケガの程度や事故の種類によっても違います。 当院の見解を申し上げますと、比較的早い方で1週間~10日で症状は70%~80%減少します。 しかし、症状が軽減した=治癒とは言いません。治療が中途半端であったため、後々後遺症が残る方が大変多いです。 交通事故治療で大事なことは「少しでも早く治療を開始すること」「症状にあわせた治療法で最後まで治療しきること」です。
慰謝料について
交通事故の被害者になってしまった方には、必ず慰謝料というものが発生致します。 交通事故が原因により経済状況・生活環境の問題を生じることが考えられるため、それを補うためお支払いされるものです。 具体的な算定としては、 総治療日数 × 4,200円。 または、(通院実日数×2)× 4,200円、 の、どちらか少ない方となります。

現在、交通事故の
治療をされている方、 こんなお悩みはございませんか?

  • 交通事故で病院に行ったが、検査しても「骨に異常なし」と言われ、湿布と飲み薬だけ渡された
  • 病院では「様子を見ましょう」ばかりで、リハビリをしてくれず、1ヶ月経ってもまだ首や腰が痛い…
  • 大学病院では、散々待たされた挙句、治療は首を引っ張るだけ。しかもたった5分で終わり…
  • 保険会社との交渉がわからない
画像

他の病院
(整形外科・接骨院など)に 通院されている方でも
転院は可能です!

少しでも早く
専門治療を受ける事をお勧めします

交通事故のお悩みは
全て当院にお任せください

画像

これらの事例なら、自賠責保険を活用して 無料で専門治療を受診することが可能です

交通事故による
怪我や不調をしっかりと 取り除きたい方は、
当院へお越しください。

私たちの身に突然襲いかかる交通事故は、健康的な毎日から「自由」と「幸福」を一瞬にして奪います。交通事故の加害者も被害者も、怪我や不調の回復が長引くほどに精神的な悩みも深くなります。病院で治療をしても治らない怪我や不調は、ぜひ当院にご相談ください。 病院や整形外科では、最新の検査機器によって身体の状態を調べ、西洋医学に基づいた外科的処置を受けることができます。しかし、もしもレントゲンやCT、MRIなどの検査で症状の原因が分からない場合には、病院や整形外科で適切な処置が受けられなくなってしまうことが多いです。その際には、人体のしくみ、造形により専門的な知識を持っている施設で治療をされるのが理想的です。交通事故治療は、当院におまかせください。 当院では、まず患者さまからしっかりとお話を伺い、怪我や不調の状態に合わせて「オーダーメイド治療」を行います。これは、患者さまお一人お一人に適した治療を効果的に組み合わせて行うもので、無駄な治療を省き、お辛い症状を最短で解消するためのプランです。当院は予約優先制の施設ですので、お辛い身体でお待たせすることがございません。交通事故による自賠責・任意保険の手続きも全面的にサポートしておりますので、いつでも気軽にご予約ください。

交通事故に遭った時の流れ

1.警察に連絡する
事故の大小に関わらず、必ず警察に連絡してください。
2.当院へお電話でご連絡ください
3.当院へご来院ください
出来るだけ詳しく症状を把握するため、問診、視診、触診など各種検査を行います。
4.保険会社に連絡
ご契約の自賠責保険、自動車保険取扱の保険会社へ連絡をします。
5.提携医療機関で精密検査
症状により、提携する医療機関にて精密検査などを受けることも可能です。
電話予約
LINE予約